教材次第で英語の学習は楽になります|的確な学びを得る

勉強

英会話できる仕組み

アルファベット

聞いて記憶する方式を採用

日本における英語教育は、書いて覚えることが主体的に行われてきました。例えば単語を記憶するために、単語のスペルを丹念に繰り返し書いて、記憶することを重視しています。しかし日本で英会話ができる人は、学習時間に比較してそれほど多くなりませんでした。そこでスピードラーニングは、耳で記憶する方式を採用しています。耳から記憶したものを口にして話すことは、それほど難しいことではありません。その点スピードラーニングは、何度も繰り返し聞いて理解できるようになるまで耳に慣らしていきます。もちろん難しい内容から始めると、上手く聞き取ることはできません。そのためスピードラーニングでは、簡単な内容から徐々にステップアップするのです。

短期間で実力が向上

このようなスピードラーニングによる英会話の学習は、実施する際に英語の後に日本語も流れてきます。この英語と日本語の繰り返しこそ、スピードラーニングの学習効果のポイントになっています。まず英語が流れてくるわけですが、そのまま聞き流していると、実力がなかなか身に付きません。そのため英語が流れているときに、頭のなかで日本語に翻訳するのです。するとその直後に、日本語が流れてきます。このときに頭の中で翻訳した内容と比較してマッチしていれば、正確に聞き取ることができた証です。ただし最終的には実際に英会話をしなければ、以前と比較した実力が確認できません。そこでスピードラーニングでは、無料で英会話ができる仕組みになっています。このような仕組みになっているため、ほかの英語教育と比較しても、短期間で実力が向上し易いのです。